ブログ

2021/02/26

転園前に知っておきたいポイント

引越しなどやむを得ない事情で、通っている幼稚園から転園しなければならないのは、一大決心ですよね。

お子さまも環境が変わるので、なるべく負担のないよう、転園後の幼稚園探しは色々なことを考えられると思います。

今回は、転園前に知っておきたい、幼稚園の探し方、手続きの流れなどのポイントを詳しくご紹介します。

優先するのはお子さまにあった幼稚園を見つけること

転園に関する情報は多くあるため、必要な情報を集め、その情報を取捨選択することが必要です。

子どもの将来を左右する大切な時期に学び過ごす幼稚園選び、

できる限り見学会に参加し、ご家庭の教育方針と合うか詳しい話を聞いていただき、きちんと見定める必要があります。

最優先したいのはお子さまにあった幼稚園を見つけることです。

「簡単にあきらめない子どもに育ってほしい」

「思いやりのこころの大切さを子どもに教え伝えていきたい」

というように、大切にしたいポイントを決めてください。

幼稚園によって子どもの教育方針は異なりますので、ご家庭の教育方針を決めた上で、考え方が同じである幼稚園を選ぶ必要があります。

しっかりと「教育」をしている園を探しましょう

幼稚園はお子さまをただ預かるだけの場所ではありません。
お子さまの将来の可能性を延ばすべく教育する「教育機関」です。

園の教育方針が明確で、ご家庭の教育方針とあっている園を探すことが大切です。

自分の目で確かめましょう

実際に通われている、または、通われていた方の口コミやうわさも分かりやすい情報のひとつです。

ただ、口コミやうわさは、あくまでも他の人の意見、印象です。
最終的にはご自身の目で見て、耳で聞いて、肌で感じて、選ぶようにしましょう。

職員の人柄や雰囲気も大切です。見学会や体験会には必ず参加し、ご自身が納得のいくよう見定めてくださいね。

具体的な教育内容をみましょう

教育方針がはっきりしていない幼稚園、なんとなく雰囲気がいいから……、お友達が通っているから……、一番近いから……だけで決めてしまうのは、本当にお子さまのためになるのでしょうか。

幼稚園に通う幼少期は、お子さまの心と体と頭のうつわが一番大きく成長する時です。
お子さまの将来の可能性を広げる幼少期を最大限に活かすには、どういった教育が受けられるかが大切になります。

教育方針が明確で、教育内容が多岐にわたり、具体的で多くのことに取り組んでいる幼稚園の中から、お子さまに合った幼稚園を探すことが必要不可欠になります。

幼稚園を探すときのポイント

最優先したいのはお子さまにあった、ご家庭の教育方針にあった幼稚園を見つけることですが、その他にも考慮しておきたいポイントをまとめています。

こちらも幼稚園選びの参考にしてみてください。

転園先は複数の候補を考えましょう

ほとんどの幼稚園では定員が決まっているため、入園できるお子さまの人数に限りがあります。

せっかく希望の園を見つけることができたのに、定員オーバーで入園申込ができなかった……。
そんな事態を避けるためにも、転園先の候補は複数考えておかれるのがおすすめです。

幼稚園バスも確認し、無理なく通える範囲で選びましょう

幼稚園の候補を増やそうと、遠方まで範囲を広げてしまうと、通うのが大変になってしまいますよね。

しかし、幼稚園は大切なお子さまの幼少期の教育を支える「教育機関」です。

少しご自宅から遠くても、ご家庭の教育方針と一致する幼稚園があれば、通園を検討することは大切です。

遠方まで幼稚園バスを運行している場合もありますので、幼稚園バスの運行エリア、運行時間は確認してみましょう。

「理想の教育を受けられそうだけど、遠くて通うのが大変……」とあきらめてしまうことなく、無理なく通えるかもしれませんよ。

費用を調べましょう

転園時には入園料や受験のための検定料が必要になります。

また、制服など指定の購入品は何があるか、毎月の保育料や給食費はいくらかかるかなど、あらかじめ費用をチェックしておきましょう。

預かり保育があるかどうかを確認しましょう

保育園から幼稚園へ転園する場合は特に、その幼稚園が預かり保育に対応してくれるかどうかは重要なポイントですよね。

現在、多くの幼稚園が預かり保育に対応していますが、実施していない園や、定員に達している園もあります。

また、園によって普段の預かり時間の長さ、長期休暇中の預かり有無とその期間などが異なるので併せて確認するとともに、就労証明書など預かり保育を利用するために必要な書類についても調べておきましょう。

手続きの流れ

通っている幼稚園を退園し、新しい幼稚園に入園するまでの、一般的な手続きは次の通りです。

入園希望を伝えます

転園したい幼稚園が決まったら、途中入園の定員に空きがあるかを問い合わせ、入園したい旨を伝えましょう。

転園に必要な書類を準備します

入園願書、現在通っている幼稚園の在園証明書、住民票などの転園に必要な書類を準備しましょう。

引っ越し先の市区町村や転園先の幼稚園によっては、必要書類が違う場合もあるので、必ず確認してくださいね。

入園申込をします

転園に必要な書類が準備できたら、入園申込をしましょう。

幼稚園によっては、入園検定や親子面接を受けてから入園が決まります。

退園届を提出します

最後に、退園届に必要事項を記入し、提出しましょう。

川越白ゆり幼稚園では。。。

開園50年を迎える川越白ゆり幼稚園は、徳育、知育、体育、食育といった教育実践の柱を構え、一流の先生・講師による保育活動、体操・スイミングスクール、知能を鍛えるつみき教育など、多様な教育内容をご用意しております。

また、未就園児の預かり保育をする子育てセンターリリー、延長預かり保育のアフタースクール、学童の機能を持った白ゆり小学生クラブがあるため、0才から小学校卒業までの長い期間、ブレることのない一貫した教育を受けることができます。

そして、遠方からでも無理なく通っていただけるよう、関東最大規模を誇る園バス運行もございます。

当園は、安心してお子さまの可能性を伸ばすことのできる環境がそろう「総合教育幼稚園」です。
日本で唯一無二の幼稚園をぜひご自身の目で確かめてください。

川越白ゆり幼稚園ではお子さまの将来を真剣に考える方のため、随時、入園説明会、体験会を開催しております。
詳細は下記URLをご覧ください✨

また、川越白ゆり幼稚園がどんな幼稚園なのか、
教育方針や園児たちの日々の様子など、ブログでご紹介しています。
よろしければ併せてご覧になってください。