ブログ

2022/05/06

“こどもの日”!はどう過ごしましたか?

こどもの日ってどんな日?

5月5日はこどもの日でした!

こどもの日は1948年に『子どもの人格を重んじ、子どもの幸福をはかると

ともに、母に感謝する日』と制定された国民の祝日です。

お子さまの成長を祝う行事を迎えると、お子さまが授かった時、産まれた時、

初めて言葉を発した日など、これまでの日々の成長を思い出して

感謝と幸せを感じるものですよね。

川越白ゆり幼稚園ではこんなことをしました!

川越白ゆり幼稚園では、年少組と年中組が鯉のぼり、年長組は兜を製作し

楽しむと同時に、普段から使用している道徳教科書「言葉と作法」で

かつてこの日が『端午の節句』として男子の節句だった歴史も学び、

両親へのありがとうの気持ちも感じてもらえるよう伝えています。

さらに併設の白ゆりキッチンでは、5月2日に子どもの日にあやかった

当園の管理栄養士が工夫を凝らした春の季節メニューがずらっと並びました。

・あじフライ ← 鯉のぼりにみたてて・・・

・春キャベツのごま和え

・筍ごはん

・春採りわかめと新たまねぎの味噌汁

・抹茶ババロア

幼稚園や小学校の給食では、主食・汁物の他、副菜2種類が通常ですが

当園では、副菜も3種類あります!

ここまでこだわった、化学調味料や合成着色料や保存料などの食品添加物を

省いた健康給食を毎日食べられるのも川越白ゆり幼稚園ならではのことです。

「ゴールデンウィークの連休だ!」と思うだけでなく、その祝日の意味合いに

ご家族で心をよせてみる一時を持つのも一興ですね。