ブログ

2022/06/27

小さな違いの発見

寒暖差の大きい6月でしたね。ゴールデンウィークを挟み早いもので今学期も3ヶ月が過ぎようとしています。子供たちは少しずつ色々な場面で成長を感じられるようになったのではないでしょうか?

気温の上昇とともに、梅雨の時期がやってまいります。そんな時期にすぐ思い浮かぶ花は紫陽花ですよね?通園途中にも綺麗な色そして様々な形の紫陽花をたくさん見ることが出来ると思います。

6月に咲く花としてもう一つ、幼稚園の名前でもある『白ゆり』があります。
幼稚園ではエントランスに毎日、百合の花を飾っています。百合の花の手入れをしていると、白い百合の中にもたくさんの種類があることを知ることができます。花の大きさ、葉っぱの形の違いなど、触れる機会が少ないとなかなか気づけないことのように思います。

紫陽花ほど、道端で見かけることは少ないと思いますが、少し気にしてご覧になってみてください。
子供たちもそれぞれが少しずつ成長していることがあります。毎日の保育の中で、それぞれの小さな成長・個々の輝いている部分を保護者の方と共有しながら次のステップに繋げられるよう職員一同見守っていきたいと思います。