ブログ

2022/07/30

「夏休みは親子で過ごす大切な時間」

夏休みが始まりました。子どもと過ごす時間が増えるこの機会に子どもに「絵本の読み聞かせ」をしてあげるのはいかがですか?

「今日はどんな本を読もうか」「図書館に行って一緒に絵本を選んでみる」

この夏、子どもとスキンシップ図りながら、親子で一緒に絵本の世界を楽しんでみてはいかがですか?

【読み聞かせの効果】

絵本を子どもに読んであげる「読み聞かせ」は子どもが言葉を覚えるきっかけになります。

お父さん・お母さんから愛情に満ちた言葉でのコミュニケーションを通じて子どもとの絆を深める効果もあります。

子どもとの時間を大切にしながら、読んであげてみてください。

【おすすめの本をご紹介!】

「おおきくなるっていうことは」 中川 ひろたか 絵 村上 康

この本は目に見えることや見えないこと「大きくなる」ということを様々な視点から描いた絵本です。

幼児期の子どもが一つ大きくなるたびに・・・「大きくなったね」と大人は言わずにはいられません。

でも、そんな子どもたちはどう感じているのか。おおきくなるってどんなことなの?この絵本は一緒に考えてくれます。

読んでいる大人も一緒に考えたくなるテーマなのかもしれません。

子どもにわかりやすく、おおきくなるって素敵なことなんだよ、と教えてくれる絵本ですのでぜひ読んでみてください。